大分大学学長北野正剛 独裁人事発覚パート2 これが偏差値最下位の大分大学 翔んで大分県

新年明けましておめでとうございます。

今年も国立大学偏差値全国最下位を争う大分大学及び大分大学学長、副学長と顧問弁護士について暴いていきます。

新年早々色々出てきました。

 

1.読売新聞、元旦に新聞一面に大分大学附属病院整形外科准教授、加来信広氏が出ていました。

別に私はこの人物に恨みがあるわけではありませんが整形外科教授、津村弘の部下であるので記します。

この人物については過去に事件の内容を詳しく書きましたが大分大学学長、北野正剛と副学長、津村弘らによって2019年1月から2019年9月分まで削除されましたので消えています。

加来信広准教授はパワハラが酷く整形外科秘書が何人も辞めています。

加来信広准教授は日本リハビリ学会の専門医資格更新の際に整形外科教授、片岡教授の資料を同会に提出して専門医の更新をしている。

元旦の読売新聞には加来信広准教授の写真の下に数々の経歴と所属学会が記されていたが日本リハビリ学会の名もまだあった。

大分大学附属病院では入院患者のリハビリしかありません。

また、内部告発文章から研究費や業者からの寄付金を流用しているとの指摘がある。

3つの指摘に対して2つの事実と1つの疑惑がある人物が読売新聞の有料広告に元旦に登場している。

私に元旦から喧嘩を売っているのかとさえ思える。

賢い人物であれば喪が明けるまでおとなしくしとくのが正解だと思うが加来信広准教授は何も考えていないから今回の行為だと思う。

読売新聞も加来信広准教授の案件は知っているのにこの有料広告を許可する神経が分からない。

新聞購読部数が激減しているから色々疑惑がある人物の有料広告を出して広告料を得たいのか?

また全国紙の中で読売新聞だけ毎月の購読料金を¥400-値上げした。

 

2.新年早々大分大学から内部告発文章がまた届きました。

大分大学附属病院放射線科前教授森宣氏が研究費を不正利用して退職後に勤務する長門記念病院の自身が使う部屋に置く家具等を購入する不正事件がありました。

後任の教授を選ぶ際の教授選でも問題が起きたようです。

当然、この問題を起こしたのは大分大学学長、北野正剛です。

大分大学放射線科の新教授には3人が候補になり准教授の松本俊郎氏が放射線科の教授会で満場一致で次期教授になったようですがそこにクレームを付けたのが大分大学学長、北野正剛です。

PP兄弟の片割れです。(プライド(P)ピーマン(P)プライドだけ高くて中身が無い=PP兄弟です。)

北野正剛学長が九州大学から連れてきた人物を教授にすると決定して放射線科に伝えたようです。

ここまでなら良いのですが北野正剛が決定した人事に対して賛否をメールで決済したようです。

メールでの決済に反対した放射線科医師らを冷遇したようです。

要するに北野正剛学長が決めた人事に反対すると左遷すると言う行為がハラスメントになる事を知らない国立大学学長が問題です。

私の時も北野正剛学長は私の担当医らに私の診断内容を報告するように私の電子カルテのチャット欄で述べていました。

患者の個人情報を勝手見る事が出来ない医師法、それと個人情報保護法に反する行為になる事を知らなかった。

これが医者であり、大分大学学長である北野正剛氏の現状です。

今回の放射線科での行為がハラスメント行為になる事を理解していない無能な国立大学学長を自ら大分大学附属病院内に示した事になる。

学長がハラスメントをするから大分大学ではハラスメントが日常化している。

過去には大分大学学生が講師のハラスメントで自殺をしている。

その時の学長が北野正剛であり何も対策をせず、何も責任を取っていない人物です。

北野正剛学長に人事の任命権はありますがその権利にハラスメントを付随させることが許される行為で無い事を知らない国立大学学長です。

今回の件は大分大学経済学部学部長選に続いての2例目の北野正剛学長による独裁人事です。

独裁人事を今後も続けるのであれば医局制度や教授会は廃止するべきであり、その事を世間に公表して文科省にも連絡をするのが世間常識と私は思う。

前回の経済学部学部長選の際は教授OB会から反論が出て新聞、ニュースにも公表されたので今回の放射線科ではメールで北野正剛人事案に賛成するか?反対するか?の脅しをして従わなければ冷遇するとのハラスメント決済です。

北野正剛氏も少しは知恵を付けたようです。

やっと3歳児から4歳になったようです。

ますます、北野正剛は大分の金正恩プーチンを目指している。

それに大分大学顧問弁護士が何故助言出来ないのか?疑問です。

だから大分大学の顧問弁護士は無能でただ飯食いと言われるのです。

全国偏差値最下位を毎年争う大分大学で現場と学長、副学長(PP兄弟)らが対立すればますます大分大学のレベルは落ちます。

国立大学医学部偏差値最下位を争う大分大学ですので偏差値最下位を通り越して奈落の底に落ちるのは時間の問題です。

 

真面目に仕事をして選挙で教授に選ばれても学長に嫌われると教授に成れないので大分大学の医師たちはますます仕事をしない連中になる。

大分大学より上級大学から大分大学に来る人物は左遷された人物と考えても問題がないと思う。

何故ならば医者はプライドだけは高い人物です。

その人物が国立大学医学部偏差値最下位を争う大学に自ら進んでやって来ると考えるのには無理があります。

大分大学医学部教授の給料の2倍、3倍出すのであれば大分大学に来るかも?しれませんが教授の肩書だけで来ると考えるのには疑問があります。

普通に考えれば今回九州大学から来る方は九州大学で必要が無い人物ではないのか?と思います。

中古品でリサイクル出来ない方で北野正剛の命令には従うコバンザメかもしれません?

大分大学の医師連中も大分大学より上級大学に行く事も出来ますが大分大学の医師連中は行きたがりません。

大分大学の医師連中が京大や東大に期間限定で出向出来ますが行きません。

↑にも書きましたが医者はプライドだけは高い人物です。

それが京大や東大に行くと学歴差別されるから行けません。

大分大学に居るから医者として威張る事が出来ますが京大や東大に行けば尻尾を振るしか出来ないと思います。

鏡台(京大)や灯台(東大)には行けると思いますが!

北野正剛や津村弘は九大出ですが九大には必要が無いから国立大学医学部偏差値最下位を争う大分大学に流れ着いたのだと思う。

その流れ着いた人物らを大分大学の学長等にして大分大学を立て直そうとしたがその結果が現在の状況であり大分大学では北野正剛、津村弘と顧問弁護士を操縦出来ない状態にした。

大分大学は方向蛇(rudder)を失った旅客機だ。

いつ、どこに墜落するか?_分からない国立大学です。

国立大学の学長や副学長は民間で仕事をした事がある人物か民間人を起用するべきだ。

それに悪い事をした際に「ごめんなさい」が言え「責任を取る事が出来る」人物を起用するべきだ。

 

言わなくてはいけない事、言ってはいけない

しなくてはいけない事、してはいけない事

これらの判断が出来ていないのが大分大学学長、副学長と顧問弁護士です。

3歳児でも出来る事が出来ない連中が大分大学の学長、副学長や顧問弁護士をしています。

 

私が大分大学の学長であれば京都大学東京大学から医者や教員を連れて来る事が出来る。

それもリサイクル出来ない中古品ではなく活躍できる連中を。

北野正剛や津村弘が出来るのはリサイクル出来ない中古品の収集だと思う、これは産業廃棄物しかなれず、逆に廃棄するのに費用を出さなくてはいけない二重苦です。

これが大分大学での人件費である。

大分大学の得意技である税金の無駄使い。

民間で働いたことが無い人物らが経営しているので「お金は水のように湧いてくる」しか思っていないはず。

北野正剛学長の座右の銘は「心水の如く」意味は心は水のように清らかにです。

「心金正恩如く」か「心プーチン如く」が正解では

座右の銘のイメチェンをしてはどうですか?

 

北野正剛学長と猪股雅史教授が日本医療研究開発機構から引っ張った30億円には注視していきます。

 

最近、製薬会社からの情報提供が減っています。

良い情報をいただければ今までのように関西、東海、関東、東京で大手病院を紹介しますので宜しくお願いします。

 

津村弘大分大学副学長統括理事整形外科教授殿

私はいつ逮捕されるのですか?

貴殿が大分大学及び附属病院で私が2019年10月に逮捕されると言い回っていた時期から4か月以上が経過しています。

顧問弁護士やワンポイント弁護士から知らせれているのか知りませんが公人に対して疑問や疑惑がある事を記しても名誉棄損には該当しません。

違う罪名で訴える方が早道ですよ。

 

今回の内部告発された方へ

北野正剛学長が出したメールでの決済メールでのメール内容を送付して下さい。

人物が分かるような部分は公表しませんので宜しくお願いします。

 

内部告発文書 ↓↓↓

f:id:helpoita:20200107131952j:plain