大分大学ノワール 大分大学はどこまで腐るのか? 翔んで大分県

今回もブログにアクセスありがとうございます。

読み終わりましたら必ず大分大学大分県の医療について拡散をお願いします。

毎週ブログを更新しますので毎週ブログにアクセスお願いします。

 

大分大学附属病院に入院、通院をされている患者様に申しあげます。

当病院は人権侵害、パワハラ、セクハラ、医療ミス、医療ミス隠し、不祥事、医師法違反何でもあります。

それらを告発されますと学長、副学長、顧問弁護士が脅し嫌がらせを開始致します。

御注意の上当病院に御来院下さい。

 

私が怒りを爆発する事になったのが元大分大学附属病院整形外科医(現・大分医療センター整形外科部長)田畑知法から始まりました。田畑知法は当時、医局医から助教になったばかりの医師でした。助教になると言う事はまともに給料が出始めると言う事です。

助教になって1年で大分大学を追い出され出先では整形外科部長です。今までに大分大学を追い出された医師たちも出先では○○部長です。

それに吉岩豊三が加わり、医事課相談員、櫻木孝雄(大分県警OB)の脅し嫌がらせが始まり、嫌がらせや脅しを止めさせるように医事課や大分大学本学部秘書課や総務課に言いましたが無駄でした。

北野正剛にも伝えましたが無駄でした。

その上、顧問弁護士の河野浩が私の個人情報を津村弘に伝えそれを大学中に言い回わったので大分大学の事を色々調べた結果、医療ミスや不祥事が判明したのでネットに公表するようになりました。

その時の整形外科医局長が現在の整形外科での担当医、河野医師です。

田畑知法を担当からはずし、河野医師が担当医になりました。

私が診察の時に大分大学の医療ミスや不祥事等を話、医事課相談員、櫻木孝雄からの脅し嫌がらせ及び津村と顧問弁護士、河野らの馬鹿ひろしコンビから人権侵害や個人情報保護法違反等を話すと大分大学の問題を起こした当事者らに変わり河野医師が私にいつも謝罪をしていました。現在も謝罪は続けていますが津村弘から私の治療は今後しなくて良いと命令をされた際は私の治療を毎週から隔週に一度変えた当事者でもあるので信頼は薄くなりました。

それでそこそこのラインで大分大学の医療ミスや不祥事の公表を止めていましたが北野正剛学長や津村弘副学長らが一線を越えたのでそろそろ大分大学に原爆を投下しようと思います。

 

 

大分大学では民主主義が崩壊しました。

経済学部学部長選で教授らの投票で選出された人物が学部長に選出されませんでした。

北野正剛学長が任命したのは選挙で当選した人物ではない人物を学部長に任命しました。

この他に大分大学では人権侵害、医療ミスや医療ミス隠し、脅し嫌がらせ、パワハラ何でもありです。

大分大学では民主主義を逸脱し、医師法は守らない、日本国の法律を守らない、国家公務員法を守らない国立大学です、守らなくてはいけない事を絶対に守りません。

国家公務員(みなし公務員)は国民のお手本にならなくてはいけない立場の職種ですが何でもやりたい放題の無法地帯が大分大学の現状です。

それを指揮しているのが北野正剛学長、津村弘副学長統括理事整形外科教授と顧問弁護士、河野浩らである。

北野正剛は独裁国家を構築する為に自分の身の回りにコバンザメを配置しています。

 

大分大学は北野正剛を学長にして大分大学を立て直そうと企てましたが逆に大分大学奈落の底に落としました。

北野正剛をコントロール出来ない状態にしています。

パイロットを失った旅客機状態です。

この旅客機は何処に墜落するのでしょうか?

大分地検の前に不時着してもらいたいものです。

学長任期を2期から無制限にして学長の座に居続けています。

大分大学経営協議会(学長を選挙で選ぶメンバー)も北野正剛と津村弘の仲良しメンバーで構成しているので絶対に北野正剛が学長選挙で落選をする事はありません。

その結果大分大学の偏差値は全国最下位レベル、県知事も大分大学大分県では治療をしません。

東京に治療に通う大分県知事です。

何も知らない大分県民が大分大学で高い医療費を払い大分大学から医療ミスや人権侵害を受けます。

これが大分県の医療の現状です。

大分大学大分県の医療は民主主義と言う最後の一線を越え、北野正剛と津村弘が独裁を構築しようとしています。

大分県北朝鮮になろうとしています。

 

先日、大分大学を管轄する文科省に電話しました。03-5253-4111

医学部以外の事は文科省国立大学支援室第4係です。

北野正剛が選挙で選ばれた人物を経済学部学部長にしなかった事を連絡しましたが大分大学から内部告発文書が届いていました

この件を文科省も問題視しているようでした。

また、北野正剛がロシアに行った際に接待を受けた事も報告しました。(エロ学長の写真や動画がある事を伝えました)

これらが全て事実と認識された場合は大分大学の査定に影響され国からの補助金が減額されるようです。

 

経済学部学部長については年内に第三者委員会が結論を出すとの事ですがこの第三者委員会が「一切の偽りなく、忖度なく、見返り無し」で全てのしがらみとは無縁の第三者による事案の究明をするか?が問題です。

 

医学部の場合は(内線)2511です。

ここには副学長統括理事整形外科教授の津村弘が私の整形外科担当医、河野医師に私の治療をするな、私が10月に逮捕されるなど言っている件を報告しました。

(あと何日かで今年も終わります、裁判所も冬休みになりました。私は何の罪でいつ逮捕されるのでしょうか?、これが全国偏差値最下位を争う大分大学の学長、副学長、顧問弁護士とワンポイント弁護士の現状です。)

国立大学の副学長がこのような事を言っている事を文科省は驚いていました。

これが偏差値最下位を争うの国立大学の副学長統括理事整形外科教授のしている事だと文科省に伝えました。

 

北野正剛と猪股雅史消化器外科教授と福岡工業大学と東京の中小企業が行うAIによる内視鏡手術についての研究について

 

AIに手術のデータを入れて行う手術を研究する目的で日本医療研究開発機構から30億円の補助金を引っ張った件について調べました。

大分大学では内視鏡を使った手術が年間30~40症例しかありません。

過去10年間のデータを集計しても400症例です。

このデータをAIに入力してもデータ量が少なすぎます。

最低でもデータ入力には数万件のデータが必要なようです。

また、他の大学や病院からこの手のデータを貰うのにも協力は期待できません。

AIにデータ入力をする際は手術の成功例を入力するよりも失敗例を調査して原因解明をしてAIに入力する事によって役立つと思いますが他の国立大学や病院がこの手の手術の失敗データを公表するとは思えません。

大分大学でも医療ミスは公表しません、また日本医療機能評価機構に医療ミス等は届け出をしなくてはいけませんが大分大学では軽い医療ミスしか日本医療機能評価機構に届け出をしていません。(津村弘が軽い医療ミスしか届け出をさせていません)

医療ミスを届出する日本医療機能評価機構にも大分大学同様他の国立大学や病院が医療ミスを届け出をしていないはずなので日本医療機能評価機構からのデータ収集も出来ないはずです。

日本医療機能評価機構の存在は意味があるのか?

よって大分大学がやろうとしている事は無駄な事になります。

大分大学が得意な税金の無駄使いです。

福岡工業大学や東京にある中小企業の医療機器メーカーにAIの開発が出来るのか?疑問があります。

何故AIに特化している大学や大手医療機器メーカーとタックを組まないか?疑問です。

その答えは北野正剛、猪股雅史教授、津村弘らが一番知っている事です。

それに北野正剛が日本医療研究開発機構から引っ張った30億円ほど費用は掛からないと思います。

この手のソフトは開発されています。

後はデータ入力だけと言っても過言ではありません。

データ入力に30億円も掛かるのでしょうか?

日本医療研究開発機構から引っ張った30億円は何処に消えるのでしょうか?

 

AIとは人間をサポートするシステムの事です。

AIの研究より大分大学では医師の技術の向上が先決ではないでしょうか!!!

内視鏡は5年後には無くなると言われています。

医者なら誰でも知っている事です。

5年後に無くなるものに何故、日本医療研究開発機構はお金を出したのでしょうか?

大分大学大分大学を立て直す為に北野正剛を学長にしましたが学長にした事により北野正剛がやりたい放題をして大分大学では誰も北野正剛を止める事が出来なくなっています。

これが大分大学大分県医療の北朝鮮です。

北野正剛が大分大学でお金を掛けるのは北野正剛の専門分野の内視鏡関連だけです。

大分大学本学部からの内部告発文章にも同様な事が書かれていました。

北野正剛と津村弘が大分大学本学で会うと北野正剛の馬鹿の一つ覚えの内視鏡の事と私の悪口しか言っていないようです。

 

東大、京大を出た知り合いの弁護士たちが何故大分大学の顧問弁護士は私に示談の申し込みをしないのか?疑問だと皆言います。

顧問弁護士、河野浩が私に示談の申し込みをすれば河野浩が大分大学や津村弘に漏らした私の個人情報保護法違反や23年前に大分銀行レイプ事件の際に河野浩が自ら作成した示談書の内容を自ら破棄した事を私から追及されるので何も出来ない。(弁護士が自ら作成した示談書の内容を守らない弁護士)

(この弁護士は大分銀行の顧問弁護士もしていますが口が軽く、法律を守らない弁護士ですので大分銀行の顧問弁護士として知り得た情報を他に漏らしている可能性が大です。)

また、示談の際に馬鹿3人衆、学長,副学長、顧問弁護士らが私に謝罪をしたくないから示談を申込み出来ない。

その結果、大分大学の医療ミス、医療ミス隠しや不祥事を公表される事になる。

唯一の反撃がワンポイント弁護士(大分みんなの法律事務所、倉橋弁護士ら)を使い私のブログの一部を削除する。

 

大分大学ノワール大分県民を医療ミスしている。

大分県民を苦しめている。

馬鹿三人衆は自分たちが偉いと思っているしか思えません。

北野正剛は業者や患者から色々な物を貰いなれているので自分から部下におごる事を知らないからロシアに部下を行かせても何も労いをしない人物です。超ドケチしか言いようがない。

津村弘も整形外科の慰安旅行で黒川温泉に行った際宴会に誰が何の酒を差し入れしたかチェックしていたようです。超ドケチです。

(普通は旅館での宴会に酒の持ち込みは禁止されているはず、黒川温泉に行ってまで大分大学の恥をさらしています。)

慰安旅行当時、津村弘は附属病院長整形外科教授でした。

年に一度の慰安旅行に大分大学で肩書が当時も2つあったのだから部下への労いの為に上司がおごるくらいの気持ちを持っていないようです。

津村弘も北野正剛同様に業者や患者から色々もらい物をして自分からおごる、差し入れをした事がないので部下への労いを知りません。

学長、副学長や顧問弁護士には世間常識もありません。

 

この三人衆が態度を改めないので他の医師らの医療ミスや不祥事も公表される。

本当は闇に葬られ世間に知られる事のない事が世間に知られる事になる。

北野正剛や津村弘はロシアの写真や動画が気になって気になって

夜も寝れないかもしれません?

今後何を公表しようか?悩む毎日です。

 

民主主義と言う最後の一線を越えたのが独裁学長を目指す北野正剛だ。

それに津村弘は私の担当医、河野医師に私の治療はするな、私が10月に逮捕されるなど言っている。

津村弘も越えてはいけない一線を越えた。

こんな連中が大分大学の指揮を執って良いのだろうか?

いよいよ予告していた事を実行する時期になったようだ。

 

北野正剛大分大学学長選無効訴訟も真面目に考える時期になったようだ。

全国紙の新聞記者たちも学長無効訴訟を起こす際は前もって連絡を下さいと言っていた。

クラウドファンディングで資金を集める際に資料としてロシアでの写真や動画をアップすれば一段と北野正剛の実態が世間に解ると思う。

民主主義を逸脱する国立大学や人権侵害、医療ミスや医療ミス隠し、パワハラ、セクハラ、不祥事を公表せず、再発防止策もせず、誰も責任を取らない大分大学を世間に知らせる良いチャンスである。

 

 

 

北野正剛学長は煙草が凄く嫌いなようだ。

健康に悪いから嫌いなのか?

煙草の臭いが嫌いなのか?

それとも横で煙草の煙を頭に掛けられると頭皮から煙が出て○○ラが発覚するので嫌いなのか?

推測をしてみました。

 

次回が令和元年、大分大学についての最後のブログになると思います。

面白いネタを考えます。

私には夢があります、私に喧嘩を売って来た連中を叩き潰す事です。

私には夢があります大分大学を国立大悪から普通の国立大学に戻す事です。

宜しくお願いします。